2013年05月23日

脱水症について


5月も中旬にさしかかり、全国的な真夏日が続いています。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?


今回のブログは、夏が近づきワクワク感も増す中、この時期に必ず話題に出る


「脱水症」


についてのお話です。



『熱中症』じゃないの?と思われるかもしれません。



熱中症は

体温上昇→発汗→体液不足(脱水症)→発汗ストップ→熱中症

という発生メカニズムを取ります。

necchuusho_mechanism.png


つまり、『熱中症』は「脱水症」から引き起こされるものなのです。




なので今回は、脱水症についてのお話をしたいと思います。




「脱水症」

言葉だけを聞いて、どのようなイメージがありますか?


脱水症とは単なる水の不足ではありません。

脱水症とは、体液が失われた状態。

つまり

「カラダから水分が失われるだけではなく、電解質も同時に失われた状態」

のことです。



電解質??
聞き慣れない言葉ですが、体に必要な物です。
体に必要な電解質の量と、体から出て行く電解質の量のバランスが崩れると「脱水症」が起こってしまうというわけです。


dassuishou_genin.png




では、なぜ脱水症は体に悪いのでしょうか?

体液に含まれる水分と電解質は、生命の維持に不可欠な働きをしています。
その体液が脱水症で失われると、体にさまざまなトラブルが生じます。

まず体から水分が失われると、血液のめぐりが悪くなります。

すると・・・・・・

肝臓や消化器といった臓器を巡る血液量が減り、必要な栄養素を配ったり、不要な老廃物を排泄したりする能力がダウンします。
脳の血流が減ると集中力が低下しますし、消化器の血流が減ると食欲不振が起こります。
同時に電解質が失われると、体液が濃い部分を薄め、薄い部分を濃くしようとする調整機能が狂ってしまいます。
また、ナトリウムイオン等の成分が失われると、神経や筋肉に悪い影響が出てきて、脚がつったり、しびれや脱力が起こったりします。

ん〜文章だけでは難しいですね。





つまり・・・このようなイメージです。

suibun_soushitsu.png


水の不足だけと思っていたら、すこし違うようですね。


脱水症といっても様々な原因と種類があり症状も様々です。
まずはしっかりとした予防を行っていきましょう。


第一歩は、適度な水分補給exclamation
目安は一日2リットルexclamation×2


詳しくは、ここにアクセスしてみてくださいね!!
↓↓
かくれ脱水



本日のブログは、夏にむけてダイエットを宣言しても昼ごはんを食べすぎちゃうスタッフオレンジがお送りしました。




ランキング参加しています。
ぜひ1日1度バナーをクリックしてください。
他のデイサービスのブログも見られますよ♪

↓↓

にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

posted by まいづる at 13:25| Comment(0) | 健康情報

2012年06月11日

高齢者はどうして熱中症になりやすいの?

6月に入り紫陽花の花も見頃になりました。

福岡も先週の土曜日からいよいよ「梅雨入り」しましたね雨

梅雨から夏に向かうこの時期に多いのが「熱中症」ですexclamation

今日は「熱中症」にていてお話します。


高齢者に熱中症が多い理由は

@汗をかきにくいこと。

A暑さ、喉の渇きを感じにくくなること。

B夜間トイレにいくのが億劫になり水分を控えるようになること。

C一人暮らしが増えている。

…などがあげられます。

高齢者の場合は重症化しやすく室内でも油断は禁物です。


予防のひとつに水分補給があげられます。

1日に必要な水分は1.5ℓから2ℓと言われます。
なかなか高齢者の方には大変な量です。

また高齢者は腎臓への負担を考慮して摂取する事が大切。

そこで水分は「少量をこまめに取る」がポイントになります。


まいづるデイサービスでも、午前中、来所時に緑茶、運動後や入浴後にはスポーツドリンクや麦茶。

午後はお食事時、食後はお好みによりコーヒーやお紅茶など。

15時のおやつの時間にはお菓子に合わせたお飲み物をお出ししています。
水だけでなく、嗜好に合わせて楽しみながら水分摂取ができる様な工夫をしています手(チョキ)


梅雨が終われば、本格的な晴れ晴れ到来です。
今のうちから意識的に水分を取り、摂取する量を増やしていきたいものです。


今日の記事は休みの日はカフェめぐりなどを楽しむスタッフパープルがお送りしました。



ランキング参加しています。
ぜひ1日1度バナーをクリックしてください。
他のデイサービスのブログも見られますよ♪
↓↓

にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村
posted by まいづる at 20:52| Comment(0) | 健康情報